なゆくら、ひとりごつ

なゆくら、ひとりごつ

日々の出来事をマンガにして放出しています

無職(求職中)保活のはじめかた

新卒時から同じ会社に勤め、ある程度仕事が楽しくなってきたころ、めでたく結婚し産休育休を経て復帰。…しようと思ったら保育園に空きがない!

何となく世間の保育園落ちた!という騒動の背景ってこんな感じかなと思うのだけれど、そもそもじゃあ妊娠出産時点で職から離れてしまった人が保育園に入るためにはどうすりゃあいいんだって話をまとめてみました。

無職(求職中)とはまさに2年前の私のこと。働かないと保育園に預けられないし、保育園に預けないと働けない。いや、共働きで働いていても保育園に入れないと世の中大騒ぎなのに、無職・求職中の身で保活戦争に挑み、娘は今、認可保育園の2歳児クラスに通っています。


もうすぐ保育園の書類を役所に出すころで、職場でもちらほらそんな話が聞こえてきたので私の経験も少しは役に立つかなと思い書いてみます。地域柄いろいろ違う部分はあるので、こんな人もいるな程度に見てみて下さい。関東近郊です。 

働き始めて2年経ったので書いた記事

nayuclam.hatenablog.com

nayuclam.hatenablog.com

 

我が家の家族構成や私についてはこちら

nayuclam.hatenablog.com

 

夫の転勤で退職したので、絶賛無職でした。もう一回働きたい!と思ってからの道のりです。

 

保活にあたって必要なもの

・お金と体力

保育園の一時預かりや認可外保育園への入所など、とりあえず収入はないのにお金だけ出て行く生活になるので、精神的にはあんまり良くない。 

あと子供をつれてあちこち見学に行ったり、会社にエントリーする書類を作ったりするので、相応の体力がいる。

 

・子供と離れることに耐えるメンタル

生まれてから今まで親子ベッタリで過ごしていると保育園に預けるってものすごい心理的なハードルが高い。万一のことがあったりしないか、きちんと見てもらえるだろうか、泣かずに過ごせるだろうか、ご飯は食べられるだろうかなど、とりあえず心配事が頭をよぎって背筋が寒くなる。これは保育士さんを信用して預けるしかない。

 

あと待機児童がある程度いる市町村だと、年度途中に申請をして認可園に入れることはほぼないので、認可外保育園からのスタートだということは腹をくくらなければならない。 

保活のはじめかた

超簡潔に書くとこうです。

 

役所に申請して待機児童になる

預け先を確保する(認可外・一時預かり) 

就活する

 

預け先も何も決まっていないのにいきなり会社にエントリーしたらダメです。

職場の同僚の奥さんが就活を始めたそうで「三ヶ所全部落とされたんですよ…。」ってお弁当食べながらぼやいてて、どうやら話を聞くと「子供を保育園に預けて来年四月から働きます。保育園はまだ決まっていません。とりあえず保育園申請の書類を役所に提出するので内定と就労証明を下さい。」みたいなことをしたらしく、「それ順番が違うぅ…」ってなった。

 他の同僚の奥さんは「2人目までは幼稚園だったけど、3人目は保育園に入れて働こうか迷ってる」らしく、「どこも空きとか無いけど悩める余地はそこにあるのか?!」と昨今の状況を鑑みてとても心配になったりしている。まずは預け先の確保が大切。

 

ステップ1 待機児童になる

まずは入りたい認可保育園に見学の申込をする。見学はもちろんさせてくれるけれど、実際会って求職中と伝えると、みんな待ってるから入園は難しいね…と直球で言われたりした。いや分かってる、分かってるから!

とりあえず数カ所見学へ行き、役所へ保育園入園申請の書類を出す。求職中でも申込はできるので(入園の見込は皆無)これで晴れて待機児童の仲間入り。

 

ステップ2 現実的な預け先を探す

並行して認可外保育園と認可保育園の一時預かりを探す。家の近くの認可外保育園は全く空きがなかったので、隣の市やらはたまた山のふもとみたいなところまで行けるところはとりあえず行ってみた。


認可保育園の一時預かりは一日3500円くらいかかる。働き始めても保育園にはいれず一時預かりを週5で入れている家庭もあるそうで、保育園問題世知辛いわとつくづく思った。

でも認可外も日割りにすればそれくらい料金がかかるわけで、それだったら認可の一時預かりのほうが安心できるかもとは思った。ただ時間が8時-17時。

私の場合はすぐには認可外が見つからなかったので、認可の一時預かりを1ヶ月予約した。月に一度、申込解禁日があって朝一で電話をかけて何とか予約が取れた。

 

ステップ3 職探し

認可外保育園を探しながら次は職探し。2年もブランクがあるっていうのに正社員で雇ってくれという図太さでエントリーした。結局4社エントリーして、3社面接をしてくれた。
面接をするにあたって絶対に先方が気にするであろうことについては想定して答えを用意しておく。

 

・子どもの預け先は確保していること

・近くに両親が住んでいるので、急病時などは子供をお願いできること

(もともと頼るつもりはさらさらなく、今も夫婦のみで乗り切っているけれど、絶対に確認されるので)

・第二子について(すぐにでも欲しいですとか言わない)

とりあえず私を雇って損はしねえぞという前のめりな姿勢が功を奏したのか2つ内定をもらえた。今の会社は全ての状況を理解してくれて、時短勤務もさせてくれて、こんな懐の深い会社あるのかよ…ってくらい優しい。まあ、その分数字のプレッシャーはかかるし何より多忙だけれど。

 

そして、運良く認可外の小規模保育に空きが見つかり、入園できることになった。長年認可園で保育士をしていた方がリタイヤ後に作った保育園で、とても面倒見がよかった。ただ、自宅から車で約30分くらいかかる。そこから職場へ行くのにも車で20分くらいかかる。正直遠い。けれど空きがあったことがそもそもミラクルみたいなもので、涙涙の慣らし保育を経て何とか社会復帰することができた。

 

認可園の入園についてはまたいろいろあったので次に書きます。とりあえずこれが私の無職から社会復帰した段取りでした。参考になるかはわからんけど…