なゆくら、ひとりごつ

なゆくら、ひとりごつ

日々の出来事をマンガにして放出しています

グンマーからの刺客

 

群馬の高崎は新町…穏やかな町に突如として築城されたのがシャトー・デュ・ボヌールとシャトー・デュ・エスポワールだと聞く。

人々は水分を飛ばし砂糖をまぶしたパンをこぞって買い求めた。その評判は瞬く間に広がり、東の京でも列をなして買い求める姿が見られたという。

ラスクでそんなに並ぶなんて…と思っていた私も、もはや秋になればチョコレートでコーティングされたラスクを欲する身…。そんな私に新たに届いたグンマーからの刺客に完全にやられてしまったので紹介してみます。

f:id:nayuclam:20170924073036j:plain

 

グーテ・デ・レーヌ
レーズンバターをはさむのにこれ以上美味いものある?って思った一品。だって上下ハラダのラスクだぜ。個人的には六〇亭とタイマンはって引き分けられるくらい美味しかった。

 

ティグレス
ちゃんと惜しみなくバターを使った味がしてこれまた美味。やっぱり焼き菓子にはバターですよね。生地はかぼちゃが入っていてオレンジ色。中には栗みたいなのも入ってる。一個がどっしりとしていて、これだけでも相当な満足感。

ちなみにシャトー・デュ・ボヌールとシャトー・デュ・エスポワールとはガトーフェスタハラダの本社と併設工場のことです。お城みたいだからぜひ行ってみてほしい。もちろんラスクもそこで買える。雷と空風 義理人情…グンマーの秋の味覚、超おすすめ。